今日21日、午後1時ごろの事。

食事を済ませPCに向かいお客様からのメールに返事を書いていた。

展示のFM機からCQ CQ こちらはJS6・・・沖縄県那覇市・・・

おっと!!!
慌ててIC-9700の前へ行く。
CQ局のアナウンスを聞くと144.???SSB と言っているようだがQSBで肝心なところをロスト。
IC-9700をSSBモードにしスコープでその辺を見るとそれらしい信号が・・・
アンテナはまだ完全に沖縄へ向いていないがゼロインすると沖縄の局を発見!!
FM機につながっているのは店の上の短いGP。
IC-9700には地上高18mの水平設置5エレシングルが繋がっている。
アンテナが完全に沖縄に向いたらリアル59+
一発でリターンがあり59のレポートをもらってQSO成立です。

ピーク時は低い位置のGPでもじゅうぶん聞こえてるけど信号が弱くなってくるとGPでは聞こえず水平5エレではしっかり聞こえていた。

000 463-5.jpg

写真 = ナガラ電子 DO-205  144MHz 5エレ 

144MHzで5エレシングルと言うとビームでは一番小さい部類です。
比較したGPと高さの差はあるけど値打ちをじゅうぶん感じる事が出来た。

HFと50MHzのビームの間に垂直偏波で設置するのが好きじゃないんであえて水平に設置したけどちゃんと仕事してくれた。

もちろん垂直がイヤという理由だけでなくそれなりの目算があっての事だけどシーズン最初にそれなりの結果が出て良かった。

グランドウエーブでご近所とやるのには不向きだけど電離層反射での遠距離狙いは水平偏波でもOKって事で・・・(^^)

今シーズン初の2mイースポで沖縄とQSO出来たのでご満悦です。

去年の台風以降に続いていたアンテナ工事渋滞がやっと一段落した。

すべてが台風被害対応ではないけど関連するものが多くお待たせした案件も多くあったがやっと一段落。

と思っていると次の台風シーズンがもうすぐやってくる。

台風被害があったとしても最小限になるようにするのが日頃の点検です。

店のアンテナも毎年GW前後の休みを利用して点検作業をしています。
今年のGWは4日間お店を休ませてもらいましたがそのうち3日は工事に出てた。
昨日の木曜も工事だったので店のアンテナ点検はまだできていない。

梅雨になる前にやっておこうと思ってるけど・・・



みなさん、転ばぬ先の杖ですよ。

点検をしていなくて大きな事故になった案件もありましたしね!

アンテナ工事・点検作業のご依頼は

 お早めにご相談くださいませ。

2016年11月末に施工させていただいたアンテナ。

去年の台風以降なにやらSWRが安定しないとの事。
悪いなら悪いままの方が原因もつかみやすいのだが症状を聞くとなにがしか接触不良のような症状で悪くなったり良くなったり・・・

このトラブル解決と施工後2年半経ち大型台風もあったので全体の安全点検、そして144MHzのスタック追加のお仕事を頂いた。

4日:快晴

朝8時過ぎ 作業開始。
まず330V-1のトラブル原因を探る。
このアンテナは一度痛い目にあってるので嫌な予感もするが・・・
外観は曲りなどなく台風の被害を受けたようには見えない。
が・・・ よく見るとおおむね1回転まわされている。
やはりここでも相当な風だったようだ。
幸か不幸か回ったおかげでエレメントは曲がっていない。
まわったせいで同軸の断線かと見たがそうではない。
もう少しまわったら引きちぎられたであろうがこれもギリギリセーフ。
となるとどこがおかしい???
マッチングBOX内など関係するであろうところを追っていく。
すると怪しいところを発見!
施工時にネジ締めするところではなく製造時に組みつけられた部分に緩みがあることを見つけた。
初期不良ならおそらく最初から症状が出てたと思うがそうじゃないだろう。
この部分、エレメントを強く揺さぶっていると緩んでもおかしくなさそうなところ。
台風で相当揺さぶられたんではないかと想像する。
ひょっとするともともと緩かったのかもしれないが台風きっかけではっきりした症状が出るようになったのは間違いなさそうだ。

取り付け位置と不具合個所を改修し動作確認するもトラブル症状は出ない。
これでトラブルは解決できただろう!


あとは安全点検とスタックの追加。

ステーワイヤーの張り増しや金物とタワー敷き板の再塗装。
アンテナなどのネジの増し締め。

最後に144MHz 5エレ×2 ナガラ D0-205スタック を乗せて同軸ケーブルを敷設し作業終了。
005.JPG

施主様、長くお待たせしてごめんなさい。
アンテナが調子悪いと無線する気にならないですよね!?
なにより一回の作業で原因が判明し直せたので良かったです。
2mのスタックもうまく付きましたし是非アクティブに運用なされてください!

長くアンテナ不調でモヤモヤされていたと思いますがご勘弁を・・・

本日はどうもありがとうございました。

5月2日 晴れ

紫外線が強くしっかり日焼けした!

施主様は枚方市のJI3CWI局

平成最後の工事はKA1-403Lの新設だったが令和最初の工事も前回と同じ仕様の新設工事

 

写真は施主様の撮影。

現場作業:8時開始

旧アンテナの撤去⇒クレーン車据付てすぐに屋根からすべて下ろす。

IMG_5234.jpg

IMG_5244.jpg

旧アンテナ撤去後、新しいタワーを乗せる。

クレーンで吊ったままステーを張ってしまう。

IMG_5251.jpg

地上ではKA1-403Lを組み上げて吊り上げの準備

IMG_5226.jpg

IMG_5282.jpg

ステーを張り終えたタワーにアンテナの取付

IMG_5294-1.jpg

IMG_5296.jpg

KA1-403LV2000(GP)がマストに乗った

あとはケーブル処理をして動作確認!

IMG_5305.jpg

ワイヤーアンテナ(80m/160m)がまだしっかり張ってない状態なのでたるんでいるが・・・

これがほぼ完成時の写真です。

今回もステーの力を出来るだけ均等になるよう5方向2段で張っている。

そのためだと思うがどうしてもステーだらけに見えてしまうんですよね(^^)

 

今回もすべて問題なし!

動作もバッチリです!!

施主様、長くお待たせしてごめんなさい。
なんとか予定のとおりすべて順調に作業させていただく事ができました。
旧アンテナと比べて特別大きくなったわけではないですが巻尺アンテナの性能をじゅうぶんお楽しみいただけるはずです。
パイルで呼び合いになったらお手柔らかに・・・(^^)

施工中のお気遣いにも感謝です。

どうもありがとうございました。

FB-DX!!

 

再入荷しています!!

000 542-4.JPG

前回仕込んだ分は大反響でたちまち完売してしまいました。

調子に乗って再発注した分も数台はご予約いただいています。

今回入荷分で数台は在庫としてありますので興味のある方はお早めにお問い合わせくださいませ!

3末までにご予約の方は・・・と言われていたIC-9700が約束通りドンドン入荷している。

product_photo IC-9700.jpg

GW初日の今日はIC-9700のお渡しから始まりそうだ。


発売以降、購入していただいたお客様の声として聞こえてくるのは、
「144や430って結構飛ぶんやなぁ! FT8やと簡単やし思ってた以上に飛んでるしおもしろいわ!」と言っていただける。

このようなお客様はどちらかと言うとHFを主体に運用され144/430MHzはトランシーバー代わりに使った程度であったりHFのSSBやCWの世界とは似ても似つかぬものだと思っておられた方なのかもしれません。


もちろん周波数がV/UHF帯ですから簡単に海外とQSO出来るHFとは違いますが、HF帯と同じような交信をしている人がたくさんいるんや!と気付いた方も少なくないようです。

IC-9700をお持ち帰りいただいた方に聞いてみると、まずFT8を運用できるように準備した方が多いですね。
これは私がぜひやってみようと言っていた事もあるかもしれませんが、お客様みなさまも興味を持って144/430MHzでのFT8モードを積極的に運用しようという機運が高いように感じます。

時代は流れ平成から令和になろうとしています。
令和元年は144MHzのFT8元年になるでしょうか!?
非常にチャンスの少ない144MHzでのEs"QSOはFT8モードでチャンスが広がるか?
国内だけではなく海外局との交信チャンスもFT8モードなら可能性が広がるのでは!?

1970年代だったと思いますが144MHzSSBでJA-VK間初QSOの記録があったと思います。
当時学生さんだった九州の方が7エレだったかのシングル八木と10Wで達成されたと記憶しています。

今の技術で出来た最新機種と最新のデジタル通信技術があればJA-VKなんてできそうな気がしませんか!?

JA以外の国で144MHzのアクティビティーがどんな事になっているかよく知りませんが可能性はゼロではないでしょう。
韓国・ロシア・台湾の局とはQSOした経験がありますがさすがにオーストラリアは聞いた事も無い。
EMEなら出来る話でしょうけど電離層反射でJA-VKの夢をもう一度・・・

こんな事を考えながらIC-9700のダイヤルを回してます。

V/UHFはローカルQSOだけではなく衛星通信やEME、そして電離層反射での遠距離通信など非常にスリリングなQSOが楽しめる周波数帯です。
今までもIC-7100やFT-991で楽しんでおられた方が多くいらっしゃいますが今回のIC-9700発売でV/UHF帯が大きく変わるんじゃないでしょうかね!?

 

乗り遅れないようにみなさん一緒に遊びましょうね!

大きな夢を見過ぎかな(笑)

IC-9700の実働展示を開始しましたので見に来てくださいね~

 

GW(10連休中)の当店の営業案内です。

4/26 金  通常営業
4/27 土  営業10時-17時
4/28 日  営業10時-17時
4/29 月  営業10時-17時  
4/30 火  営業10時-17時
5/1  水  休業
5/2  木  休業  
5/3  金  休業
5/4  土  休業  
5/5  日  営業10時-17時
5/6  月  営業10時-17時
5/7  火  通常営業
5/8  水  通常営業
5/9  木  定休日 
5/10 金  通常営業


連休中は営業時間が通常時と異なります。

みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

11日(木)朝8時 現場到着 

気温は高くないがお天気はまずまず。
お天道様は見え隠れするがそう寒くはないだろう!?

さすが桜の季節にヒートテックや防寒ジャンパーは用意しなくても・・・

と、思っていたがロケの良いお宅の屋根に上がると冷たい風が遠慮なく吹き付けてくる。
作業車に風を通さない薄手のジャンパーを積んであるのでそれを着ての作業となった。

施主様は枚方市JH3IVO局様。

去年の大阪北部地震・台風21号の被害で建物の復旧のためアンテナもすべて撤去していた。
アンテナも少なからず被害を受けたのでこの際全部撤去して仕切り直しと言う事となった。

復活に選んでいただいたアンテナは

  KOHJINSHA KA1-403 Lite です。

たくさんのアンテナを積み重ねることなく多くのバンドに出られるのが魅力。
バンドの端から端まで最良のSWRでチューナーに頼ることなく運用できるのも大きな魅力です。

施主様は1.9MHzから1200MHzまで運用されます。

今回設置させていただいた KA1-403LGP(X6000)7MHzから1200MHzをカバーします。
4mのルーフタワー(NRT-400)にHFの3エレとVUのGPだけです。

DSCF094-1.jpg

実にシンプルです。
台風時もアンテナを何段にもスタックしてるよりすごく安心感がありますね。

今回の作業ではより安全と作業時間を考えてクレーン車を使わせていただきました。

4mのルーフタワーを屋根に上げるだけでも人力でやるのとクレーン車を使うのとはまったく違う。
費用も人件費と比較し決して高いものではないので安全確実工期短縮でクレーン車なんです。

いつものようにタワーやアンテナは可能な限り組み立てを済ませて現場へ入れています。
巻尺式アンテナの場合は事前に動作テストも行っております。
同軸やコントロールケーブルも可能な限り処理を済ませて現場へ・・・

クレーン車は9時半ごろに来てと言ってある。
8時に現場入りしてアンテナなどの本組みしてすぐに吊りあげられるよう準備です。

DSC_4356.JPG
タワーにはローテーター・ベアリングを付けてマストも挿してしまいます。
クレーン車を使うとこの作業が地上で出来るのですごく楽で安全です。

クレーン車の据え付けが終わり準備の出来たタワーを吊りあげる。

DSC_4379-1.JPG
ステーが張れるまでスリングを外さずにクレーンに吊ってもらったまま。
作業中に突風が吹いたとしても倒れる事が無いから安全。
屋根の形状の関係でステーが4方向均等に張れないので6方向を2段張った。
ワイヤ―だらけの屋根に見えるが安全第一です。

ステーを張り終えたらアンテナを吊ってマストに取付。

DSC_4421.JPG

せっかくクレーン車使ってるんで軽いGPも同軸も全部吊ってもらって少しでも安全と時短。

DSC_4425.JPG

材料の吊り上げ作業が終わった時点でクレーン車は撤収。

この時点でかたちは出来上がってるのであとはケーブルの敷設処理。

昼食後にケーブル処理をしていざアンテナの火入れ。

DSC_4444.JPG
デフォルトではSWRの高いバンドもあるが・・・
各バンドの動作を確認し動作説明と同時にバンドごとのSWRを調整していく。
この作業はユーザー様自身で行っていただくものだが最初は説明とチェックを兼ねて私がさせていただいた。
どのバンドも良好で1:1.2を超えるバンドは無い。
すべてのバンドでSWR1.2以下だ!
7MHzも端から端まで1.2以下というのを目の前で見て驚く施主様。

非常にうまく動作してくれて設置した側としても満足いく結果です。

あとは新しいシステムに慣れていただきうまく使いこなしていただければ良い結果がついてくる事でしょう。


施主様、このたびは地震・台風被害の対応と復旧のお仕事を頂き誠にありがとうございました。

建物等の復旧がまだ完全でないとのこと、改めてお見舞い申し上げます。

お怪我が無かった事がなによりですしアンテナなど設備を一新し復旧再出発という熱意も感じました。

是非またアクティブに運用していただけますように!
そしてFT8にも挑戦してくださいね(^^)


1.9MHzと3.5MHzは秋ごろまでの宿題とさせていただきます。

ローバンドのシーズンまでに作戦考えますので・・・

施工中のお気遣いにも感謝いたします。

どうもありがとうございました。

お待たせしました!

YAESU FTDX101D が発売開始されました。

000 562.JPG

今日 入荷したので早速実働展示しました。

まずは受信しスコープが表示できるようにだけはしました。

まだ取説も見てないので詳しく説明できないですけアンテナを繋いだ実働状態で見ていただけます。

是非見に来てくださいね~

朝からご近所OMさん家で工事。

当店1号となるKA1-DPの施工。

P_20190406_095049.jpg

写真でエレメントが白っぽく見える3エレはイタリア製 Ultra Beam (20-6m)です。
その上の黒っぽいエレメントのダイポールがKOHJINSHAKA1-DP(40-6m)です。
回転半径を考えて7/10MHz用にKA1-DPを選択。

AEU(巻尺)の動作確認・マウントの組立・ファイバー繋ぎ目の加工などは事前に済ませて現場へ持ち込んでいる。
クランクアップタワーなのでケーブル処理に少し時間が掛るがスムーズに進む。

最終チェックも動作異常なし!

お天気も気温も申し分のない工事日和でサクッと施工完了です。

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

アーカイブ

月別 アーカイブ