FT-991AMは使用頻度ごくわずかでほとんど送信していないという中古品です。

190775.JPG

店頭でご覧いただけるようにしていますので気になる方はぜひ店頭でご確認願います。




Hexビームは日本ではあまりなじみがないかもしれませんが海外ではメジャーなアンテナです。
これはG3TXQ監修として有名なアンテナでドイツのハムイベントで購入し空輸したものです。

190778.JPG

190731A.JPG

190733A.JPG

14/18/21/24/28MHzの5バンド仕様。
一度組み上げればあとは傘を開いたりたたんだりするような要領で展開できるのでDXペディションや移動運用に便利だと思います。
軽量ですのでテラスサイドに設置するなども容易ではないかと思います。
上の写真だけではどんなアンテナかイメージできないと思いますので販売元サイトのURLを張っておきますのでご確認ください。

190725A.JPG
http://www.foldingantennas.com/gb/design.htm

写真撮影のために開封しましたがまったくの新品未使用です。

某輸入代理店で同様のものを購入すると100K円ほどするようです。
この品物はまったくの新品未使用ですが中古品扱いとしてお安く販売いたします。

これも店頭に置いていますので是非ご確認くださいませ。

 

通販も可能ですのでお問い合わせ願います。

どちらも1点限りですのでお早めに!!

IC-705にICOM純正マイクを使うための変換コード。

190745.JPG

190746.JPG

190747.JPG

190748.JPG

ごく少量ですが制作しましたので販売いたします。


2.5mm4極 ⇔ 8P(8P-JJ)で長さ約50cmです。

使用可能なマイクはICOMの8Pマイクです。
実際に動作確認したマイクは・・・
スタンドマイク SM-30
ハンドマイク  HM-219(IC-7300などに付属と同じ)
        HM-36 (ちょっと古い固定機の付属マイク)
上記はコンデンサーマイクです。
SM-30はIC-705のメニューからマイク端子に+8Vを出力するように設定してください。

ICOM仕様に作った社外のダイナミックマイクも問題なく使えました。
この場合はマイクのアースとPTTのアースを共通してあるとうまく動作しません。
ICOMのピンアサイン通りそれぞれのアースを独立しないとダメです。

8V出力をONにして使う場合はくれぐれも注意してください。
純正マイクなら問題ないですが自作や改造マイクなどを繋ぐ場合は自己責任でお願いします。

上記以外のマイクはテストできていません。
ICOM純正8Pマイクならすべて同じ配線なので使えるはずですがすべてのマイクでテストしたわけではないのでご了承願います。

注意
どのマイクを使ってもアップ/ダウンは動作しません。
固定機・モービル機とハンディー系機種のアップダウンスイッチの電気的ルール(抵抗値)が違うため配線するだけでは動作しないためです。
ダウン時に470ΩというルールがIC-705には適応しないので配線しておりません。

 

販売価格は3980円(税・送料込)とさせていただきます。

お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。




アクセサリー類をうまく使って遊びの幅を広げよう~

 

昨日のお仕事。

はっきり言いますけど無知としか言いようがない。
お客様ではありません!
施工した販売店(業者)がです。

依頼者様とは1年半ほど前に縁あってお仕事をさせてもらってます。
その時にすでに立派なアンテナが上がっていました。
追加のアンテナを施工させていただいたんですがその時点で「次に不具合が起こるとするなら・・・」
と言うようなお話はさせてもらっていました。
いただいたアンテナ追加仕事の施工をしながら既存の設備を把握するのと同時に不具合が無いかざっくりとでも点検してますし。
その時に使用されている同軸を見るとなんと「8D-FBLITE」ではないですか!!

ここから先を読まずして事の顛末がわかったあなたは経験者ですね!?(笑)

そうです!
ローテーターで回転するアンテナにFB線、それもLITEを使うって!!!
これ、フジクラの新しい同軸で高いんですけどロスが少なくってええんですよ!!とでも言ってこの同軸を勧めたんでしょうか!?
そらウソじゃないけど使って良いところと絶対に使っちゃダメなところがある。
回転部にこの同軸を使うと絶対と言ってよい確率でこのようになる。

190725.JPG

190727-2.JPG

私どもではロスの少ないケーブルを使いたいというお客様には当然それなりのケーブルを使いますがちゃんとご説明してこんなトラブルにならないような対策をして施工させていただきています。

この同軸を回転部に使うとわかっていて平気で販売する。
回転部にそのままこのケーブルを施工する。

こんなことをするのは私からしたら全く知らない人の仕事としか思えない。


お客様は少しでもロスの少ないケーブルを使いたいでしょう。
太くてロスの少ないケーブルは高価ですし売る側からすれば単価が上がるのでおいしい話。
お客様はこんなことになるなんて夢にも思っていませんから上等の同軸を使って施工してもらったと自慢げにお話になることでしょう。

トラブルが起こるのは回転の頻度にもよりますが早かったら1年も経たないうちに・・・

と言うような事で、急に全く聞こえなくなったと連絡があったの修復工事をさせていただいたわけです。

あきらかに傷んでいたのは写真の1本でしたが同じケーブルが他にも・・・
今大丈夫でも順に同じトラブルを起こすことは間違いないのですべてのケーブルをやり直す。
去年に私どもが追加で施工させていただいたものはまったく問題なし!!

ケーブルトラブルの修復とこれから起こるであろうトラブルを回避するための処置。
そして劣化しているテープの巻き直しや回転部取り回しの修正を施す。

すべてのアンテナのSWRが良好に修復できたことを報告して作業終了です。


今回も世界平和のために奈良県のお客様とだけにしておこう。

偉そうなことを言える立場ではないですが専門店としてお金をもらっているのならそれなりの勉強してお客様に商品のご案内をしなければいけないと思う。
私も得意不得意がありますし不得意な分野は知ったかぶりせずにお客様と一緒に勉強しながらでも商品を選ぶようにしています。
経験があり得意な分野はそれなりに自信があるので偉そうに言ってますけどね。

フジクラさんの同軸が悪いという話じゃなく使い方を間違えると大変なことになるというお話でした。

依頼者様は同軸を買い替えるだけの費用で済まなかったのは言うまでもありません。

今回もある程度の点検をしておきましたから当分心配することなく遊んでいただけると思います。

ぜひアクティブに運用なされてくださいね~

第一電波さんの新製品 TRS3 が入荷しました!

IC-705・FT-818などでフィールド運用するときに使う便利なアイテムです。

190724.jpg

三脚にアンテナを設置するときに苦労するのがラジアル(アンテナのアース)ですね。
TRS3を使えばラジアルを設置するのが簡単になります。

もちろん無調整という訳にはいきませんが設置の時間を短縮できるだけでもかなりうれしい!

事前に調整をしておけば運用地に出向いてからは微調整程度で即運用できるでしょう!!

TRS3底側のカメラネジで三脚にしっかり固定することでアンテナがぐらぐらすることもないでしょう。
蝶ボルトでラジアル線をしっかりジョイントすれば運用中に外れてしまったってこともないでしょう。

190726.JPG

190727-3.JPG

190728-3.JPG

コンパクトでかなりしっかりした作りです。

移動運用セットにひとつ入れておくとうまく運用できること間違いなし!!

 

店頭に置いていますので是非ご覧になってください。


ちょっと涼しくなったらコロナに注意しながら移動運用しましょうね~

このアンテナずぅ~っとメーカー欠品でかなり入手困難な状態。

X7000.png

第一電波の X7000 です。

20200865.JPG

極秘ルート(笑)で1本だけ手に入りました。

もちろん新品未使用品です。

お探しの方はお早めにどうぞ~

完売御礼

12日に続いて13日も屋根の上。

見事に2度焼きこんがりきつね色!?じゃなく真っ赤です。


今年の6mシーズンは終わっちゃいましたが・・・
みんながヨーロッパなど見えてるのにウチだけまったく見えないと・・・!?
いろいろ調べるとなにかわからんけど近所のノイズらしきでFT8のデコードが極端に悪くなる現象を確認。
ノイズらしきが無い時がたまにあるのだがその時は皆さんと似たようなレベルででコードすることが分かった。

でどうするよ!?
犯人捜ししたいところだけど・・・
家の中のノイズ発生源と思われるものは確認したがみんなシロ。
今までの6mはバーサビームにオマケエレメントだったのでモノバンド5エレに替えてちょっと仰角付けてみることに。
ご近所の地上からのノイズだとするなら少しでもビームが切れると改善されるかも???

20200813-5.JPG

まぁ、簡単に仰角を変えられるようにサブブーム付けてお試しって感じです。

施工完了後に6mFT8を見てみると・・・
いつもならノイズが高い時間帯だというがウオーターフォールは非常にきれいです。
ノイズでガサガサしてるようには見えません。
オマケエレメントは外したが6mも同調するバーサビームで同じ画面を見ると非常にノイズっぽいことがわかる。
なにかが変わったことははっきりわかる。
昨日は中国やカザフスタンの局が出てたのでしばらくモニターしてみる。
ご近所のお仲間に連絡し同じ周波数を見てもらいレポートの比較をしたとことほぼ同程度のレポートで大きい差が無いことが分かった。
これは明らかに改善されたであろうと思える結果だ。
5エレにしたのが良かったのか仰角を付けたのが良かったのかまでは検証していないが結果良し!!

そして仰角の大きさがこれで良いのかどうかは来年のお楽しみと言うところだ。

写真で見ると結構な角度が付いて見えるが遠目に見るとそんなに違和感ない。

まぁシーズンのピークは過ぎちゃったけど楽しみは増えたということで良しとしましょう。(^^)

この現場のあとはさらにご近所さん宅へ行きIC-705用のローカルラグチュウ用のアンテナをベランダに付けるという仕事をこなして業務終了となりました。

朝、出動前に体重を計ってます。
すべての業務を終わらせて帰宅し風呂上りに体重を計ったら1kg以上減ってる。
昼ごはんも食べてるし水分もたっぷり飲んでるのに。

じゃ今日も呑んでいいよね!(^^)
お盆休暇特別出勤のご褒美をたっぷりいただいて体重を戻しておきました。
今日は完全休業だから間違いなく倍増してるんやろなぁ~(笑)

CWIさん、お疲れでした~

毎年お盆期間中には必ずどこかの屋根に上がって仕事させていただいている。

今年も例にもれずアンテナ新設のお仕事をいただいた。

施主様はハムの世界にデビューされたばかりのJP3WZS局

ご相談の時点で「なにもわかってないのでお任せしますからすべてよろしく。」と言っていただいた。

ありがたいことだが下手はできません。

 

で、屋根が片流れということでちょっとビビるがなんとかせねば!!
安請け合いすると下請けさんに怒られるは施主様に迷惑かけるはえらいことになるので下見は慎重に・・・(^^)

敷板を重ねるか!? タワーの足を切るか!?
どちらかの方法で水平に設置しないといけません。
現場で傾斜寸法を測って帰り店でシュミレーションしてみる。

ルーフタワーの足を切って傾斜に対応した方が良いと判断。

NRT-200HDを組み立ててから測った傾斜に合わせて足を切断。
筋交いの位置も変わるし長さも変わるからすべて寸法と変え穴を開けなおして改造。
傾斜対応のルーフタワーができた。

アンテナはTV-416JとTD-1218で初心者さんがデビューするには十分なバンドをカバーした。

190729-3.JPG

一部の部材は程度の良い中古があったのでこれを使わせてもらってコストダウン。
ローテーターも装備し満足してもらえるであろう設備にさせていただけたと思う。

運用マナーなどもこれから覚えていかないといけないし・・・と施主様はおっしゃいます。
確かに設備ができてもすぐHFデビューと言うのも難しいかも!?
怖がっていたらいつまでもデビューできないし。
できることはアドバイスさせていただくので積極的に運用してみましょう!
恥かいてなんぼやと思えばええかな!?(笑)
でも最低限のマナーは勉強して他の局に迷惑をかけないようにだけはね!!

猛暑の中、施主様も屋根に上がってお手伝いいただきました。
おかげさまで14時には無事施工完了です。

施主様、お手伝いいただきありがとうございました。
また施工中のお気遣いにも感謝です。

まずいろんなバンドを受信してみてください。
わからないこと、気になることはどんどん聞いてください!
今回のアンテナが物足りなくなるくらいのめり込んでいただけることを期待しています。

今回はご用命いただきありがとうございました。

 

さっ、帰って風呂入ってお楽しみの・・・
やっぱり汗かいたらねぇ!
汗かいて体重減った分はビールで戻しておかないとねぇ~(笑)(笑)

本来ならハムフェアーでベールを脱ぐはずだった!?


144/430MHz&D-STARの新機種 ID-52

IC-705用の専用アンテナチューナー AH-705

本日この2機種が発表されました。

詳しくはICOMさんのホームページでご確認ください。

AH-705に関してはQSO TodayバーチャルハムEXPOで発表されるようです。


いずれの機種も本日より仮予約開始!

よろしくお願いします。

IC-705をお使いの方の多くはBNC-M変換コネクターを使っておられることだと思います。

コネクターの種類(形状)によっては不具合が生じることがあるようです。

190749.JPG

私が確認した範囲では写真の形状の変換コネクターを使うと症状が出やすいようです。
その症状は430MHzでSWRが異常に高く表示してしまいます。
場合によってはSWR無限大になりプロテクトがかかることもあります。
これは内蔵のSWRメーターの感度(精度)が非常に高いことから起こってしまう現象のようです。
写真の形状のBNC-M変換コネクターはインピーダンスの整合ができてなく非常に短い距離でM型につなぐことからそこのインピーダンスの乱れを読み取ってSWRが高いと表示してしまうとでも言えばいいでしょうか!?
写真の形状の変換コネクターに直接ダミーロードを付けてもSWRが高く表示されましたので上記のようなことかと想像します。
ケーブル付きの俗にいう変換コード(BNC-M)を使うと問題なく動作しSWRもそれなりの表示をしますので異常を感じることなく使えるはずです。
もし上記のような症状があるという方はアンテナや同軸を疑う前に変換コネクターを変換ケーブルに交換するなどしてみてください。

IC-705が不良では?と疑いましたがそうではなさそうです。

複数の無線機やいろんなアンテナやダミーで試してみたうえでこのようなことであろうという見解です。

上記がすべて正しいかどうかは正直わかりません。

ICOMさんからなにかしら発表があるか我々販売店に対処方法の説明があるのではないかと思います。

当店のお客様で発生した事例を上記のように対処させていただいた後は問題なく動いています。

みなさまの参考になれば・・・

気が付けば お盆休み!? って感じです。
コロナ騒動の方に気がいってたからかなぁ~

当店のお盆期間は・・・

8月 8日(土)  営業 午後6時まで
   9日(日)        
  10日(月・祝)      
  11日(火)      
  12日(水)  臨 時 休 業
  13日(木)  定  休  日
  14日(金)  臨 時 休 業
  15日(土)  営業 午後6時まで
  16日(日)      ⇓
  17日(月)  以降 通常営業

とさせていただきます。

コロナ禍でお盆の帰省も躊躇する雰囲気です。
非常事態委宣言を独自に発令する府県もあるようですね。
感染防止対策をし注意しながら帰省すればよいのではとも思いますが、恐々田舎へ帰るのもどうかと・・・
そして田舎のお爺ちゃんお祖母ちゃんに感染させてしまうようなことがあったらと思いながら帰省するのも・・・
いろんな地域から親戚一同が田舎に帰りお墓参りするのが恒例行事と言う時期ですが今年はちょっと様子が違いますね。
花火大会など地域のお盆行事も中止され季節感までも奪われた気がします。
早期終息を願い今年に限ったことであることを願うばかりです。

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

アーカイブ

月別 アーカイブ