梅雨明け一発目!

施主様は以前からお世話になっているJA3IHI局様。
今までのアンテナも私どもで施工させていただいた。

今回はハイバンドのビームアンテナにチャレンジです。

第一電波のHFV330で3.5MHz~24MHzをカバーし28/50MHzは別のコンパクトダイポールを上げていた。

今までのシステムでそこそこ仕事をしてくれているし大きく不満があるわけじゃないけどもうちょっとと欲が出る。

アンテナ設置はベランダだけと自主規制されていらっしゃいますので上げられるアンテナもコンパクトなものしか選択肢がありません。
特に14MHzがもう少し改善できればとの希望もあり施主様からミニマルチUMX42Aってのがあるけどどうやろ???と・・・

サイズ的にはこのくらいでないと厳しい。
今のマストに乗せられる!?
どのように付けられるか そして実用になる??? とご相談。

このアンテナはかなり小さく設計されたアンテナで短縮率が大きいので決して効率が良いとは言いにくい。
でも14MHzは単独エレメントでおおむね50%の短縮。
実際の寸法はもっと短いがリニアローディングをまっすぐ伸ばしたと考えて・・・
この短縮の仕方はコイルで短縮するより良いと思っているし意外と結果を出すかも!?
21/28/50MHzは超短縮トライバンドとして動作する。
基本的に調整が出来ないので設置してどう出るかわからないがひょっとすると苦戦するかも。
短縮が大きいのでどのバンドも帯域は広くない。
CW~デジタル系の帯域がカバーできればいいのなら問題なさそう。
重量も受風面積も大きなものではないが今の単管1本だけのマストではちょっと不安が残るかな!?
ステーと言っても4方に張れないしなにか作戦を考えなければ・・・
最悪の事態が起こっても地上まで落下する事だけは防ぎたいのでなにか対策を講じる。

いろいろお話しこのアンテナを上げて劇的によくなるとは言えないがやる価値がまったくないかと言うと決してそうではない。
少しでも改善の見込みがあるならチャレンジするしかない。
失敗したくないのは施主様はもちろん私だってしたくありません。
チャレンジしなければ失敗は無いが今のままで得るものもこれ以上ありません。
失敗のリスクはあるが成功する事を信じてチャレンジする。

施主様のファイナルアンサーは「チャレンジする!」

じゃぁ限られたスペースと材料で出来る限りの事をやりましょう!

施工前

000 374.JPG

000 374A.jpg

UMX42A取付中

000 390.JPG

完成!

000 393.JPG

000 394-1.JPG

既存のマストにもう1本添わせて2本とする事によって補強。
さらにもう1本を斜めに支線状にして固定、前後左右の揺れを少なくする事が出来た。
28/50MHzのコンパクトDPは撤去した。
既存のHFV330を90度シフトで付け直し。
UMX-42AのSWRはおおむね良好。
14MHzの同調点が低かったのでエレメントを調整して目的周波数に合わせる。
21/28MHzは触ることなく合格点。
50MHzの同調点が低すぎるが基本的には成す術無し。
いちばん内側のエレメント+コイルケース内の50MHz用短縮コイルが動作しておりそれを触ると調整も不可能ではないが現場で出来るようなことではないしするべきではない。
ココを触ると21/28にも影響出るだろうし行き当たりばったりで触ってしまうともうアンテナでは無くなってしまうリスクがある。
そもそも50MHzのSWR特性を見ると非常にフラットで広帯域になっていて周波数の低い方がSWRが低く周波数が上がるとSWRも上がっている。
この特性自体は同じように表れているので不良や組み間違いではない。
目的周波数でSWR1:1.7なので異常とは言えない数値だけど気になると言えば気になるが・・・
ココだけは上記の理由で調整できない事をご理解いただいたが他のバンドは目的周波数でバッチリのSWR値が出せた。
HFV330にも影響がない事を確認して作業終了です。

IHIさん今回もご用命ありがとうございました。
かなりコンパクトサイズですのでどれだけの成果が出るか私も楽しみです。
こんな小さなアンテナ飛ばないでしょと言われるかもしれませんが大きなアンテナを持っている方にしてみればそうかもしれません。
ぜひこのアンテナをうまく使いこなしていただき成果をお聞かせいただけたらと思っております。

今まで苦戦した地域とQSOできると良いですね!

FB-DX!!

大きな災害をもたらした雨が過ぎ急に蝉が鳴き出しました。

西日本を襲った豪雨の被害に遭われました方に心よりお見舞い申し上げます。


今朝、いつものように店に行くため車に乗ろうとした時タイヤになにかが付いているのに気が付いた。

line_1531090506451.jpg
よく見ると蝉の抜け殻。
駐車スペースはアスファルトだがその後ろ側は少し植え込みのスペースがある。
そこから出てきたんだろうね。
芝はあるけどつかまるような木や草は無く近くにあったタイヤに登って脱皮したようです。
近くに成虫の姿は見えなかったけど無事に羽ばたいた事でしょう。

蝉も豪雨が通り過ぎるのを待ってたんでしょうね。


この週末は関ハムが開催されます。

当店では14日・15日・16日の3日間ボーナスフェアーと言う事でいつも以上の特別価格をご用意します。
なにがなんぼ(関西弁)とは書きませんがボーナス特価にしてやと言ってください。
関ハムでなんぼやったと言ってくれても良いです。
この3日間関西風値切りの駆け引きを楽しむボーナスフェアーとしてみなさまのお越しをお待ちいたします。

FT8運用者の大多数が使っていると言われている

     IC-7300FT-991A


000 383.JPG

IC-7610も在庫ありますし

000 384.JPG

FTDX-5000の訳あり超お買得品もあります。

モービル機もハンディー機も各種アンテナも・・・

ブログ見て値切りに来たと言ってください。

みなさまの値切りを手ぐすね引いて待ってます。(^^)



FT8入門者・初心者さんの設定サポートもおまかせください。
 (設定サポートは無線機の購入者様に限らせていただきます。)
FT8運用で楽しむためのコンパクトアンテナもご相談ください。
HFは大きなアンテナが・・・と思っている方もFT8なら小さなアンテナでもじゅうぶん遊べます。
アンテナも値切り歓迎でっせ~


ルーフタワー設置などアンテナ工事のご相談もお受けしております。

秋に向けた工事相談は是非お早めに!!!


000 388.JPG

アイコム株式会社様 株主優待券でのご購入は当店で!



まぁ、関ハム帰りでええから寄ってね~

わざわざ来たんやから安ぅしてや! も大歓迎です(^^)

今朝起きたら外が明るい。
雨の音も感じない。
戸を開けたら日差しがあり蝉の鳴き声がする。

やっと晴れた!


地元、渡月橋の映像を見ながら「日吉ダム頑張ってや!」と願ってました。

子供のころは桂川の水が増水した後に公園や河原へ行くと水が抜けきらないところに魚がいっぱい!
大きなコイが取れて喜んでいたものです。
住宅街に水があふれるような事もなかったので子供ながらに呑気なものでした。
おふくろ「川行ったらあかんで!」とキツク言われながらこっそり親父のタモ網を持って出たのを覚えてます。

50MHzのポータブル機を持って公園に行ったのも実家の裏の桂川に面したところ。

ナショナルRJX-601AMモード3W運用。

Esで北海道から応答があった時はログを書く手を震わせたような・・・
それが今はFT8のおかげもあって北米やヨーロッパともQSO出来る
当時では50MHzでなんて絶対出来るはずがないと思っていたもんだ。
昨日(7日)も朝の北米に始まり夕方はヨーロッパと6mはお祭り状態だった。

40年ほど前は川が増水してもこんなにならんかったと思うけどと思いながら・・・
気象の事も無線の事もいろんな事が時代とともに変化してるんですよね。



話は変わりますが、Wに行ってるUSAさんからメールが来てました。
Trasparente.gif

のHPに掲載する9X0YペディのFT8に関する事。
必ずペディションモードで運用してくださいと言う事をどのように掲載したら良いかなぁという相談でした。
実質初体験であろうKH1ペディでは約半数ほどが間違ったモードや呼び方だったと言われています。
事細かな設定から呼び方までのマニュアルを掲載するか簡単な注意喚起のようなものにするか!?
QRZ.COM(9X0Y のページ)にUPされていますがJA向けのところはまだリンクされていません。

個人的にはリターンを得たければしっかり勉強してスキルを身に付けてから参戦するべき事。
理解しないまま呼ぶとリターンが得られないだけでなく多くの人に迷惑を掛けることにもなる。
FT8に限らずCWやSSBでもエリア指定がわからなかったりスプリットがわからないと言うのも同じ事でしょう。
一個人のハムとしてはこのように思う。


ハムショップという立場では・・・

勉強しようと言う人は応援したい。
ただ1~10まですべてやってと言う人は教えてあげようという気にならない。
1~3まで教えたとするなら4・5まで出来たけど6でちょっとわからん事があるというふうに出来るだけ自力で進んでいただきたい。
面倒なのではない。
1~10まで全部やってあげてハイ出来たよと言う方が簡単でどっちかと言うと少しずつお教えする方が面倒かもしれない。


趣味であるが故少しずつ苦労しながら完成させて出来た時を喜びたいと思うんです。

それが出来ない方はこの趣味が向いてないのではないかとも思うくらいです。

FT8モードもかなり浸透し多くの方が運用するようになりましたが通常の運用モードでも間違った運用をする方がおられるようです。
交信したい相手と同時送信になっている方もよく見る。
いくら信号が強くたって絶対に応答ないですね。
音がひずんでデコード出来ない方も居ますねぇ!
失敗は成功の元と言いますからその失敗を次に生かせるように出来れば良いです!


堤防の決壊や斜面の崩壊などもそうです。
人の命を奪ってしまうような災害が起こらないよう次に生かした対策ができる事を願いたいと思います。



最後になりましたが被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。

明日に予定した工事は台風による雨が強いとの予報なので早々に順延させていただくと連絡した。

やっぱりこの時期は思うようにいかないけどお天気相手じゃどうしようもないので・・・

先日からにぎわっているKH1のペディも終盤です。
予定では日本時間の5日夕方頃までの運用です。

新しく追加させていただくアンテナはこのペディで実力テスト出来ると思ってたんですけど間に合わなくなりました。



KH1珍エンティティーですがハワイと交信するような距離感ですのでJAからはかなり多く交信出来ているようです。

各バンドでFT8モードもかなりアクティブに運用されていて非常ににぎわっている様子が見受けられます。

先日より比較的最近DXを始められたりFT8を導入された方に1QSOでもいいからやっておいた方が良いよ!
次はいつ出るかわからないしね!と言ってました。

失礼ですがCWやフォーンでパイルをうまく抜けない初心者さんでもFT8は比較的簡単にQSO出来ます。


これだけFT8『Dxpedition モード』積極的に運用してくれるペディは実質初体験になるんじゃないかな。

ウチでは事前準備をし初心者さんこのペディのためにFT8を用意した人たちとともに『Dxpedition モード』操作や動き方に対して勉強してきました。
おかげで私もスムーズに『Dxpedition モード』を運用る事ができ5つのバンドでQSO出来ました。
これだけ大きなパイルアップを経験したことない初心者さんからもQSOに成功したと喜びの報告が届きました。



KH1/KH7Zの日本語サイトではFT8モードの運用に対して『【重要】FT8について、再度のお願い』と題した記載があります。

この記載によると呼んでこられる局の半数ほどが『Dxpedition モード』ではない違うソフトや間違ったモードであるだろうとのことです。
多くの人がチャンスを得るためにはとても重要な事です。
間違った運用を無くしパイルをスムーズに捌いてもらう事ができればチャンスも増えるわけです!

FT8『Dxpedition モード』の運用にはじゅうぶん注意しましょうね!



このようなペディションがあると・・・

なかなか交信できずに悔しい思いをする方もいるでしょう!?
やっと交信できた時に「よっしゃ~!」と声が出た人もいるでしょう(^^)
仕事の都合などで運用時間が合わせられなくずっとウズウズしてる人もいるかな???
このエンティティーからの運用は16年ぶりのはず。
前回なにかの事情で取りこぼして16年間待ってたと言う方もいるかもしれないですね!?


今回のペディはJAから条件的に有利で小さなアンテナでもQSO出来た方が多いと思います。


販売店的には・・・

思うようにQSO出来ず悔しい思いをしていただく方が嬉しかったりして・・・
だって大きなアンテナやもっと高性能な無線機が欲しくなるでしょ!!


ペディがあれば無線機屋が儲かる!
        なんてね(笑)

待ってました!!

KH1.jpg

KH1のペディが昨日から始まった。
出だしは昨日の夕方に20mSSBで強い信号が聞こえた。

早々に参戦するがウチのチカラじゃSSBは厳しい。
でもATNOなので参加しない訳にはいかんので・・・

おっと、ボーっと呼んでたらワイのコール返ってるやん。
JA3で返った??? 訂正送ったら了解してくれた模様!?
59サンキュ! でログ待ち。


20m・17mのFT8モードでも出来た。

これはNIL無いでしょ!(^^)

FT8はWSJTXのDXペディションモードでしか呼んじゃダメです。
DXペディションモードを知らなかったり使い方やルールがわからない方は必ずお勉強してから呼びましょうね。

まだ出だしなんでどのバンドもモードもええパイルになってますがJAからは近いのでどこかのバンドで必ずチャンスはあるでしょう。
昨夜と今朝は自宅のベランダモービルホイップでもええ信号で聞こえてましたから・・・

みなさん、次はいつ出るかわからないので落とさないようにゲットしましょう。

FB-DX!!

6m(50MHz)がEs(イースポ)シーズンなのはご存知ですよね。

FT8モードの出現により6mDX通信の様子もずいぶん変わったと思います。

昔なら3エレ4エレ程度のアンテナではええとこ近隣諸国とできれば上等でWやEUなんて9エレスタックとかの局しか出来ないような世界だと思ってましたから。

それでもなにかの間違いか2エレやGPでも突然聞こえてくる事があるからマジックバンドと言われるんでしょう。

オセアニア地域はオーストラリアやグアムなどがそうですので比較的簡単に交信できます。
アジアは韓国、中国、台湾などがそのエリアでこの地域も難しくありません。

QRZ.COMの世界大陸アワードは6つの地域と交信することがその対象。

無題12.png
アジア、オセアニア、ヨーロッパ、南米、北米、アフリカです。

6mでアフリカってどう考えても無理やん。 って思ってたが・・・
2015年の5月、ロドリゲス島の3B9FRがクラスターにスポットされたのに気付いた。
聞こえるわけないわと思いながらもその周波数を聞くと呼んでる局は聞こえるが3B9FRの信号はかすりもしない。
コンディションが動くのは知っていたので期待半分しばらく聞いてると3B9FRの特徴あるCWがかすかに聞こえる!
これはビッグチャンス到来と興奮しながらボタンを押したのを覚えてる。
狭いスポットでコンディションが動いているせいなのか競合する局は少なく意外とあっさりQSOできた。
でも聞こえたのはごくわずかな時間ですぐに聞こえなくなりその後ウチより西方面の局が呼ぶようになった。
ロドリゲスは大陸ではないものの一応アフリカ地域に属するのでアワードとしてはアフリカゲットだ。

南米は2014年の11月にこれもなにかの間違いでLU5FFとCWとRTTYの2モードでQSO出来ている。
このQSOはオープンしている時間が比較的長かったと記憶している。

EUは手前の方であるが2016年7月にJT65でウクライナ、CWでスエーデンと出来たのも興奮した!
この頃が6mDXのJT65元年だったんじゃないかな!?

14年、15年、16年と毎年のように思いがけないQSOが出来たが6mマンには簡単そうなNA(北米)が残った。
何度かビッグオーオープンにニアミスしているがそのチャンスに恵まれず・・・
今年こそはNAをゲットするぞと意気込んでみるもののそのチャンスはいつ訪れるかわからない。

5月後半から毎日のようにアンテナを40度くらいに向けてFT8モードをモニターしていた。
そう、JT65からFT8へと移行し今年は6mDXのFT8元年と言えるだろう。
FT8ならきっと出来ると思いたいが・・・

期待通りFT8のモニター画面に北米の局が見えるがウチではデコード出来ない。
見えてるのは左側。
北米を呼んでるJAが見えているのでオープンしていることはわかるがウチの画面の右側には北米局のコールが出てこない。

こんな日を何日かやり過ごした昨日(26日)、夕方はEU方面かと思いアンテナを北西に回そうと思った時になにげにクラスターを見るとKL7HBKがスポットされているのに気付く。
北米は午前中、午後からはヨーロッパという頭があったのでこの時間にアラスカか!?と思いながらFT8を見る。
やっぱり呼んでる局は見えるがKL7HBKの信号はデコードしない。
あらこの時間でもオープンするんやと思いながら・・・今日もウチではあかんのかと思って画面の前を離れる。
10分~15分経ったかな、なにげに画面を見るとなんとKL7HBKが右側に見えてる。
おっ、デコードしてるやん!!!
慌てて送信周波数を設定し呼びます。
この時はすでに多くのJAが参戦中。
その中でW7も2~3局デコード出来るようになってきた。
コンディションはどんどん上がってきてる感じ。
と思った次の瞬間に画面に赤い帯が出現し北米がゲット出来た。

無題11.png

北米オープンはしばらく続いていてKL7HBKの信号のピーク時は+4だった。
だがこの時JE3YUIでコールを繰り返すがCQが出る始末で向こうではまったくデコードしてない様子。
私だけでなく多くのJAが呼んでいたが苦戦しているような様子だ。
Esマルチホップだと往路と復路で伝搬状態がこんなにも違うものなのか???
6m専門と言われるほどの6mマンの方には当たり前のことかもしれないがマジックバンドの難しさを改めて痛感した時間でした。

ポチッとするだけですが非常にスリリングで興奮するQSOが楽しめた。

ウチのアンテナは地上高こそ20m程ありますがビル上のルーフタワーに4エレ。
それもナガラさんの広帯域を重視しゲイン重視ではないSS46Tです。
おまけに同軸は8D-2Vが50mほど引いてあるので受信は相当落ちてるだろうと思う。
国内Esで遊べればOKと思って設置したアンテナだったからね!

昨日のその瞬間ならベランダに2エレという局でもじゅうぶんデコード出来たと思う。
もちろんエリアやロケーションにもよるがウチみたいな谷底ロケでもチャンスはあるわけだし。

マジックバンドを楽しむのは今が旬です!
ついでに2mにも海外が聞こえるチャンスがあるのも今です。

チャンスは誰にでもあるのですが一番の要因はその一瞬に無線機の前に居る事ですね。

非常に少ないチャンスですが偶然が重なってそのチャンスに巡り会う事だってあります。

そんな不確実な交信を楽しむのがアマチュア無線ですしね!(^^)




昨日、仕事ほったらかしだった事は言うまでもない。。。


SS46T.jpg

a502hbr-A.jpg

ポチッとするだけと言うと言い過ぎだがそれに近い簡単な操作で、それも小さな設備で10,000Kmを超える海外局とも交信できるHF帯のFT8モード。

出来るまでは設定で苦労する場面もあってそれなりに面白いと思うが出来てしまえば子供の頃のプラモデルと一緒ですぐに飽きてしまう???

「最初のうちは面白がってやってたけどもう飽きた」と言う方もいらっしゃるのでは???

「こんなんどこが面白いの?と思ってたけどやってみたらどっぷりハマった!」と言う方もいらっしゃいます。

FT8に限らず飽きずに楽しむ遊び方をしておられるでしょうか?

ポチッだけで世界中と交信できれば高度なスキルは要らないしアンテナなど設備のグレードアップも必要ない。
いとも簡単に世界中と交信できればそりゃすぐに飽きてしまいます。
特にFT8モードでは会話があるわけじゃなくコールとレポート交換だけのQSO。

これだけだと飽きてしまうのも当たり前かもしれません。

DXCCやWASなど世界的にハードルの高いアワードなんかを狙うのはどうでしょう。
目標があるとその対象局を狙って運用します。
国内のアワードにもハードルが高いものがあります。
AJDは簡単でしょうけどWAJA・WACAなんかはすぐ完成するものではないですね。

アワードを狙うと獲得した獲物とこれから狙う獲物を整理しなければいけません。
電子ログや電子QSLを駆使して整理するわけです。
ハムログやQRZ.COM・LOTWも使いこなせればいいですね!

ただ聞こえたところと交信するのではなく目標を定めて運用する。

交信したいところ(国・地域)となかなか交信できない!
あの局は交信できてるけど自分は出来ない!

こんなことがあるから運用テクニックを向上させ設備をグレードアップして出来なかったところを狙うんですね。

CWやSSBはそれなりのテクニックが必要だと思います。

FT8は必要ない!? そんなことはないです!!

FT8モードの運用にだって知らないと損するテクニックはあるんです。

DXペディションモードの使い方を習得するのもテクニックのうちです。

ずっと呼んでるけどぜんぜん返ってこない。
と思ったら1発で返ってくる時もある。
大きな設備の局でも延々呼んでる時があるようだ!?
明らかに設備の小さい局に先を越された事が何度もある。

これ、アンテナ大きくし出力を上げて解決できることだけではありません。

特にFT8モードでは強くたって弱くたって届いてさえいれば相手の画面で見えるのは同じ。
信号が弱いとコールサインがかすれて読みにくいなんて事ないんですから。

FT8で自分なりにいろいろやってみた経験からだけど早くリターンを得るコツがあるように思う。

みなさんそれなりに工夫されているでしょうしテクニックをお持ちでしょう!?

どうでしょう、FT8モードの運用スキル向上のための勉強会・情報交換会ってのがあればどうかなぁ!?
ハムログ・QRZ.COM・LOTWに関する使い方や工夫などの情報交換も含めて!!

一度計画してみようか???

DXペディションモードも早くマスターしたいし他局に迷惑を掛けないスマートな運用スキルも学ばないと・・・。

みなさん自分だけの裏ワザだからと言って内緒にしないで情報交換に来てくれるかなぁ???


私は見えない局と交信できる裏ワザが知りたいけど・・・(笑)

今朝8時前の地震。

納品のため震源とされる地域にて車中信号待ちの時でした。

最初はなにが起こったのか理解できずゴォーと言うような地鳴りか風の音と同時に車が大きく揺さぶられ飛び跳ねるように感じてこのままひっくり返るように思えて身構えました。

その場でしばらく様子をみて周りを確認し納品を済ませて店に来ました。

店も棚の商品などわずかに動いた形跡はありますがそれ以上の被害は見当たりません。

ご心配ありがとうございます。

みなさまもじゅうぶんご注意くださいませ。

最近ハマってるWAS。
アメリカの50州全部を集めるアワード。
日本でいうとWAJAです。

数年前にARRLでW1AWと言う局を運用し50州全部を順に2順運用した事があったがその時はそんなに興味もなかったしそもそも気付くのが遅く半分以上終わってからのあとの祭りだった。

DXCCはそう簡単に増えなくなってきたのでテンション保つためになにかと思って気にして追いかけ始めたのがWASです。

SSBやCWだと探すのも相当ヒマがかかるけど今はFT8があるのでかなり楽です。

と言っても東海岸が開けている時間は短いし運用局が非常に少ないであろう地域もあるのでお約束通り行き詰ってきた。

WAS.jpg

残りはメイン州・バーモント州・ワイオミング州。

明日の無線残業の時にひとつでも見つける事ができればラッキー!

CWのコンテストなんで手当たり次第にQSOして対象局があったらラッキーとなるんでしょうけど!?

さてどんな作戦で狙おうかな(^^)



16日(土)の夜はこんなことして遊んでますのでどうぞお気軽に!

6/16(土)営業時間延長(夜の視聴会)の詳細はブログ記事をご覧ください。

目的を持ちテンションを保ちながら運用する工夫も大事です。
そんな事についてもお話しできれば良いと思っています。


明日の夜、お暇なら・・・

17日・追記
昨晩はありがとうございました。

ごくごく少数ではありますが興味を持って覗きに来て下さり嬉しく思います。

少しでもDXを追いかける事やCWチャレンジへのお手伝いができたならさらに嬉しい限りです。

早い時間に来てお話していた方は自分の都合の良い時間しか運用していないとの事だったので「時間を変えると良いですよ!」とアドバイス。
いつも早く寝てしまうけどちょっとやってみると早々に帰られて即運用されていたようでFT8モードでW(東海岸)などと多くQSOされていました。
運用時間を変えるとまた世界が変わりますのでテンション上がるはずです。

私も状態の良い時間を満喫できました。
AAでは残っていたメイン州を見つけQSO出来ました。
なぜかLogが上がらず鬼門となっていた5Xと17mCWでQSO出来ました。

私はこれで満足(^^)

AAは明日の朝9時(日本時間)までです。

まだまだ楽しめますのでぜひチャレンジしてみましょう~

 

夜9時や10時の時間帯、14MHzで北米東海岸や中米カリブ海あたりが聞こえます。
それも地上高5m程度のベランダモービルホイップで!!
状態の良い時間は短いかもしれませんが少しでもチャンスがあれば可能性はあるんですよね!

そのためにアンテナやパワーを大きくする!?
それも効果は大きいですが運用スキルをアップする事も効果は大きいと思いますよ。



2018年6月16日(土)09:00~18日(月)09:00(JST)

JARL主催の第59回

ALL ASIAN DXコンテスト電信部門が開催されます。


これに合わせて16日(土曜日)は営業時間延長します。

と言ってもいつものようにコンテストに呼び回り程度に参加して遊んでます。

コンテストの状況や実際の呼び方など見てみたいと思う方はぜひお越しください。

当店の実働シャックで世界中のハムがコンテストに参加し競う様子をぜひ聞いてみてください。

電信のコンテストなんてとても無理と思っていらっしゃる方でも興味があるならぜひ!
電信初心者の方も体験されると良いと思います。
意外と簡単に海外局と交信できるようなところもお見せ出来ると思います。
HF・CW・コンテストにチャレンジしていただくきっかけになれば良いと思っています。
またコンテストの面白さってどんなとこ!?などお話しできれば良いですね!

同時にWSJT-X(FT8)QRZ.COMなどについても実演説明可能です。。

私はCWもコンテストも上級者ではありません。
ハム関連のアプリケーションもすべてを知る尽くしたわけではありません。
ですが日々勉強し少しでも進化し続けられるよう努力しているつもりです。
このような機会にお越しいただける方々とはハム仲間としての交流機会でもあります。
情報交換させていただきお互いにスキルアップ出来るようにしたいですね!

私はハムログをちょっと勉強したいので詳しい人がいらっしゃれば教えてほしい。
ハム関連アプリも日々進化していますので付いていくのに必死。
FT8もDXペディションモードの運用スキルを習得しとかないとチャンスを逃すかもしれませんよ。

いつものようにご来店者が無くても無線して遊んでます。
ハム仲間のシャックを覗きに行く感覚でご遠慮なくお立ち寄りいただければ結構です!


当日は通常営業終了後、誰も来なくても22時くらいまでは店に居ます。
看板の電気消してシャッター半分だけ開けた状態で遊んでると思います。


なにも出ませんけどご遠慮なくどうぞ~ (^^"

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

アーカイブ

月別 アーカイブ