去年の秋にアンテナ工事をさせていただいたお客様がGWに太平洋上のミクロネシア地域の島々からなる国「パラオ共和国」から運用される。

海外運用経験豊富な方ですしJA向けにパスの良い時間を考慮し運用いただけるはずですので多くの方がQSO出来る事でしょう。

今回は無線メインで渡航するわけではないのでフルタイムでの運用は無いとの事です。

そして装備も最小にするためおそらくSSBしか運用しないだろうとおっしゃってました。

パラオはJAのDXerからの需要はほとんどないと思いますが海外交信初心者の方は日本語でQSO出来るチャンスに多く呼ばれる事でしょう。
海外交信の楽しさや醍醐味を味わっていただけるように多くの方とQSOしていただければ嬉しいですね!

運用期間   4/30 ~ 5/2

コールサイン   T88DX

QSLはホームコール JI3DLI へ

t88dx_1.jpg

写真は以前運用された時のQSLカードです。

みなさん、聞こえてたらコールしましょうね!



DLIさん、ゆっくり楽しんできてください。

怒涛のパイルという訳にはいかないでしょうけどJAの多くの方とQSO出来る事を期待しています。

私も呼びますしね~

GWの営業日休業日のご案内です。


4月 27日  木曜 定休日です。

4月 28日  通常通り営業いたします。

4月 29日  臨時休業 (タワー工事・現場作業)

4月 30日  通常通り営業いたします。

5月 1日   通常通り営業いたします。

5月 2日   通常通り営業いたします。

5月 3日   臨時休業させていただきます。

5月 4日   木曜 定休日です。

5月 5日   臨時休業させていただきます。

5月 6日   通常営業(ただし17時閉店)

5月 7日   通常営業(ただし17時閉店)

5月 8日   8日以降は通常通り営業致します。


ゴールデンウイーク期間中は

変則的な営業となりますがご勘弁ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

                      店主

13日(木曜日)

表題の勉強会に参加した。

もちろんICOMさん主催。

IC-7610に対して聞きたい事は聞けたが一部は発売開始まではお答えできないと言う回答もあった。

現物も触れたが一部は未完成(ソフト)との事で完全なものではないようだ。

最終段階のソフトを煮詰めてる段階なのでしょう!?

RMDRは2KHz離調時の数字では7300より当然上で7851に近づく数字だった。

この数字は実戦で期待できそう!!

外観はハムフェアーで見た物と比べフロントパネルの周囲(ベゼル部)の色が違うように感じた。

000 223.JPG

000 224.JPG

000 222-2.JPG

IC-R8600ID-4100も聞いてきてます。

000 225.JPG

 

その他もろもろは店頭でお話しします。

IC-7610の販売開始が楽しみです!

ID-4100 入荷済み  好評販売中!!

IC-R8600    順次入荷予定!!

IC-7610     ご予約受付中!!

受注いただいてる分の材料が揃ってきた。

000 222.JPG

組み立ててテナコート塗って・・・

と、早速開封して部品の確認。

おや!? 見るからに穴の間隔がおかしいぞ!!!

000 222-1.JPG

MM社のお約束と言えばそれまでだが・・・

 

あぁ~スタンドオフ碍子の種類が違うみたいや!?

なんでこんなややこしい事するのかなぁ???

 

 

次の上空勤務は

 GWあたりに計画させていただきましょうかね!

送信したら電源が落ちる。
固定で使ったらパワー出てけるどモービルに積んだらパワーが少ない。
などと言われる事が良くある。

パワーが少ないのはあまり気付かないかもしれないが電源が落ちてしまうのはすぐにわかるし故障かと思う。
電源が落ちるまでいかなくても表示部の照明が暗くなるのが気になるとか・・・

これは無線機に供給している電源のせい。
車のバッテリーは基本12.0Vです。
エンジンがかかってダイナモ(オルタネーター)が動き発電している時は14V前後まで電圧は上がってるでしょう。

なので無線機には少なくても12~14V程度の不安定な電圧がかかってる事になる。
走行中、停車中、ヘッドライトやエアコンなどの使用状況などによってもっと大きく変動しているだろう。
古い車なら話はここまでだけど・・・

最近の車は走行中常にダイナモを動かすのではなく減速時だけとかバッテリーの消費が大きい時だけ動かすように制御している車種が多い。
車自体で使うための電圧も制御している車種も多いようです。
バッテリー自体も昔の車に比べればずいぶん小さくなってるように思います。
セルモーター用と別に電装品用のバッテリーを積んでる車もあるようです。

無線機はアナログ時代からデジタル時代になりコンピューター制御です。
電源のオン/オフも昔の機種のような単純なスイッチだけで制御しているのではありません。

今の無線機は供給される電源電圧が12Vを切ると(機種により異なる)搭載されたコンピューターが正常動作しなくなり電源を落とすようです。

電圧降下が原因で電源が落ちるんです。

この新しい車と新しい無線機の組み合わせで電源が落ちたりする事が多くあるようですね。

ウチの通勤快足車は古い軽でバッテリーの制御などかかってない車ですが実験的にHF100W機を積んで試した事があります。
(実験は固定局の敷地内で行っておりますしダミーで送信テストしました。)

アイドリング状態でFMやRTTYモードで送信すると一瞬で電源が落ちます。
SSBモードでも口笛を吹くなどして最大に近いパワーが出ると落ちてしまいます。
ヘッドライト・エアコン・ワイパーを動かしさらにブレーキを踏んだ状態にすると50Wでも送信すると電源が落ちます。

無線機の電源はバッテリー直結です。

太い電線を使ってバッテリーから直接給電しても電圧降下してるんです。

バッテリーの電圧が結構下がっているのかもしれません。

軽自動車でバッテリーが小さい事もあるでしょうけどこれではモービルハムを楽しめません。

そこで前にも紹介しましたがDC-DCアップバーターの出番です。

000 220.JPG
入力電圧10~14Vを安定して13.8Vで出力してくれます。
これを付けると電源が落ちる事はありませんしパワーも定格通り出てくれます。
要するに固定で安定化電源につないで運用しているのと同じ事です。

DC-DCアップバーターはモービル用の安定化電源のようなものなんです。

先に書いたような症状でお困りの方は是非ご相談ください。

海外製の安い物も良く見かけますが、使った方に聞くとノイズがひどくて付けない方がマシだって言われます。
当店で扱ってるアップバーターはスイッチングノイズが出るとクレームになった事は一度もありません。
現にウチの通勤快足車でもまったく問題ありません。
万が一にノイズが出たとしてもノイズオフセット機能が付いているので逃げる事ができます。

000 221.JPG

先に書いた症状でお困りならこのインバーターで解決します。

是非お試しあれ!!

このアップバーターは当店で取り扱っております。

お問い合わせはこちらまで!

今日の上空勤務

| コメント(0) | トラックバック(0)

こちらの施主様にも去年の秋から待っていただいてました。

結構山の上の方の土地で28mの自立タワー。
平地と違って風も強いし寒さもそれなり。
さらに屋根の上と違ってかなりの高所作業。
なのでこの季節まで待っていただきました。
今日は20度ほどの気温という事ですけどタワーの上では鼻水タラタラでしたから・・・

久しぶりに高いところまで登りました(^^)
1本のタワーはローテーター交換。
もう一本は1200MHz直下プリの不調・GP追加・同軸の繋ぎ換えなどなどの作業。

000 170.JPG

相棒はいつもの下請けさん。
最近はチャリ乗ったり走ったりして鍛えてると言ってるがこのタワーを何回も往復させると工賃は往復した回数分を請求するとか言いそうだし!

いつも以上に手順や材料を何度も確認し忘れ物が無いようにして登る。
ビニールテープ1本忘れても一大事になるからね。
ロープで吊り上げるんだけど作業のために二人共登ってしまってから忘れものに気付いたらたぶんタワーの上でじゃんけんする事になるんで・・・
今日は幸いにしてハム仲間のJI3CWI局が安全帯持参のフル装備で作業を見に来ていただいた。
いや、フル装備って事は気合十分やん!
代わりに登って・・・とは言うもののさすがに危険を押し付けるわけにもいきませんので下での雑用係をお願いしました。
これがめちゃめちゃ助かります。

 

おかげで1人1往復×タワー2本ですべての作業をこなす事が出来ました。

タワー作業もたまにはやりますけど自立で28mはホンマ久しぶりに登りました。

おまけに15Dの同軸ケーブルも久しぶりに触らせてもらいましたわ。

まぁ、なにより事故なく作業完了し施主様のご要望にお応え出来た事がなによりです。

施主様どうもありがとうございました。

CWIさん、感謝です m(_ _)m 

俗に言う「デジカン」「トクショウ」の展示コーナーを改修しました。

001 096-2.JPG

デジタル簡易無線

ICOM ALINCO YAESU 各社の5Wタイプと1Wタイプを展示しています。

注目株はモトローラーの2.5W機

これも展示しました。

特定小電力は買いやすい低価格機を各色揃えて展示しています。

実際に手にとって大きさ・重さ・質感や色を感じていただけるようにしました。

自治会様・自主防災会様・学校行事などにも使っていただけるトランシーバーをぜひ店頭でご覧くださいませ!

今日は木曜で定休日

昨日の続きで看板取り換え工事の2日目

昨日できた盤面に大きなシートを張っていく行程

シートにはインクジェットプリンターでメーカーロゴなどが印刷されている。

000 203.JPG

000 204.JPG

面のサイズに合わせてカットし素早く張られていく。

000 205-2.JPG

シート張りつけ作業は看板屋さんの仕事で私は手伝うことすらできない。

私はその間にリメイクした照明器具を看板内側に取り付ける電気仕事。

入口付近を明るくするために蛍光灯とスポットを看板内に取り付けた。

000 206-2.JPG

シートがこの辺りまで貼れた時点で私は店を離れてお出かけ。

照明の配線なども看板屋さんにお任せして為東大阪へ。

 

アンテナ工事の現場下見をして帰ってきたら出来てました!

000 193-3.JPG

ウソです!

4月1日はこのネタでいこか!?って言ってたら

やっぱりか!って言われてシャレにならんからやめときって言われた(^^)"

 

これがホンマモンです。

000 216.JPG

照明の点灯試験をし説明を受けて施工完了!

暗くなったときにどんな感じになるかが楽しみです~

 

施工業者様・ロゴ設置承諾ならびにデーター提供いただきましたメーカー様

ご協力いただきました皆々様、どうもありがとうございました。

朝から看板工事

000 190-2.JPG

000 191-2.JPG

今まで頑張ってくれたテント生地は紙のように手で簡単に破れるくらい劣化していたていつ破れてもおかしくない状態だった。

000 192-2.JPG

000 193-2.JPG

000 196-2.JPG

テントの土台のサビを落とし下地と本塗りと2回塗り

000 199-2.JPG

新しいパネルを張るための骨組みを取付

000 200-2.JPG

000 201-2.JPG

新しい看板面になるパネルの張りつけ。

 

看板屋さんが作業中に私は外した照明器具のリメイク。

000 194-2.JPG

000 195-2.JPG

000 197-2.JPG

掃除して化粧直し!  キレイになりました。(^^)

今日はこれにて終了!

 

 

看板工事

| コメント(4) | トラックバック(0)

店の前で雨風に耐えて20年近く頑張ってくれてたテント式の看板がボチボチ限界か!?

000 198.JPG

天井部分は日焼けがひどいし看板面もすごく汚れてきた。

全体にテント生地の劣化が進んできて破れる寸前。

破れてしまってどうしょうも無くなってから慌てるのは嫌なんで看板の掛け替えを決断した。

店舗前の雨よけの役目もしてくれているので梅雨や台風シーズンが心配だったから・・・

今度はテント生地ではなくアクリル板に印刷したシールを張る方法で施工してもらう。

その工事を29日と30日の2日間

    やっていただく事になりました。

30日は定休日ですが29日は営業しています。

店の前は工事の車があったり足場があったりで出入りしにくい状態になっていると思います。

お越しいただくお客様にはご迷惑をおかけしますがご勘弁ください。

自動車が駐車しにくい場合は西隣のメモリアルホールさんの駐車場に入れてください。
ご来店の時に「隣に停めたよ」と言っていただければ私どもがお断りしておきますので。

 

ちょうど年度末に看板が変わり新年度を新しい気分で迎えられそうです。

今まで頑張ってくれた看板に 『ありがとう!』

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

アーカイブ

月別 アーカイブ