50MHz 

| コメント(0) | トラックバック(0)

この時期はなにかと50MHzの話題が多い。

工事仕事も50MHzのアンテナを触ることが多い。

これはナガラさんの50MHz 5エレ 八木アンテナ。

190894-3.JPG

手前の箱は去年使ったもので空箱。
この箱は「A-56T
で今年入荷しているものは「A-56T
バージョンが変わってる!?

なにが変わったのかと確認すると・・・

ブームの使い方(マストクランプの位置)を少し変えたのと同調周波数のピークを変えたそうです。
マストクランプの位置は何度もこのアンテナを触っている人ならわかると思うけどそうでなければ気付かないでしょう。
同調周波数は今まで50.110中心だったはずですがFT8で運用する方が増えたこともあり50.313との真ん中あたりにピークを持って行ったとのことです。
A56T-2など以前の110中心のタイプでFT8を運用しても全く問題は無いですがこだわりなんでしょうね!

ちなみに店に上がっているのは「A-56T」です。

000 463-9.jpg

いまも店では50MHzのアンテナを2本組み立てて出動の準備中です。
この2本は別々のお客様のところへ行くんですがテナコート塗布などできるだけまとめて・・・

そろそろ台風前の点検依頼が増える時期でもあります。

頑張ってますが工事専門業者さんのように毎日工事に出てるわけじゃないからたくさんの案件をなかなか施工できません。

作業内容とタイミングによってはすぐにできることもありますが、品物の納期がかかる案件は2~3ヶ月お待たせすることも・・・

この時期は梅雨明けまで思うように予定が組めず・・・

そんなわけで言い訳してますがアンテナ設置などのご相談はお早めにお願いします。

台風が来るまでに点検してほしいとか撤去してほしいというご相談もこれから増えると思う。

ご相談いただいた案件は出来るだけお受けし早く施工したいのですが安請け合いするとかえってご迷惑かけることにもなるし・・・

 

さて、話し戻して・・・ 今年も春先から50MHz絡みの工事は結構やりました!
4エレ、5エレ、6エレ、7エレと数件施工させてもらってますし皆さんそれなりに成果が出てるようです。

北米やヨーロッパと交信できたと喜びの声も聞こえてます。

FT8のおかげで6mDXの意識がすごく変わりました!!

みなさん、安全にカッコ良いアンテナ、そして『ちゃんと使えるアンテナ』を設置してアマチュア無線を楽しんでください。

『ちゃんと使えるアンテナ』とはなんや!? と言われると思いますが・・・

ちゃんと使えないアンテナを平気で使ってる方も多く見受けますのでね。

施工実績はそれなりに多くありますので是非ご相談ください。

当店は『ちゃんと使えるアンテナ』をご提案し施工させていただきます!!

ご相談はお早めにお願いします。

もちろんHFのアンテナもV/UHFのアンテナもご相談くださいね!

無線機用の8バンドイコライザーアンプ

UR6QW EQ:V5

190831-2-1.JPG

今まではICOM専用タイプのみの販売でしたが
今回ヤエス用(8Pメタコン)、ヤエス(RJ45/モジュラー)
そしてKENWOOD(8Pメタコン)のタイプが入ってきました。

数個程度なので多くのご注文には対応できません。

気になる方はお早めにお問い合わせ願います。

 

ICOM用   IC-7300などの8Pメタルコネクタータイプ

YAESU用  FTDX5000などの8Pメタルコネクタータイプ

YAESU/RJ45 FT-991などのモジュラーコネクタータイプ

KENWOOD用  TS-990などの8Pメタルコネクタータイプ

ICOM用は電源不要、YAESUKENWOOD用は別電源(12V)が必要です。

 

今回つまみの色は全部白色でした。

価格は前回と同じです。

28,000円(税・送料込)です。

次の現場の準備。

次のアンテナ工事で使う品物が届いたので開梱。

天気もええし早速組み立てよう!!

んっ???

見慣れた品物だ。

この部品は同じ長さのものが8本のはず!?

190901.JPG

誰がどう見たって1本短い!

ちょっと短いとかのレベルじゃないわな。

長いのは切れるけど短いやつは伸ばせんわ。

そりゃ現場でどうしてもってことになればどなえなっとしてリカバリーしますけどその場しのぎにしかならんやろうし出直し確定ってとこですね。

今日確認しといて良かったぁ~

これ梱包した人は気付かんかったんか!?

チェック体制しっかりしてや~

関西を襲った台風21号の被害修復とタワーメンテなどをさせていただいたのが2018年の秋。

その後なにほども運用していなかったとおっしゃる施主様は   大阪府のJE3FEK局様

お仲間に触発されたかFT8を本腰入れて運用しようとされてからアンテナももうちょっとでもなんとかならんものかと・・・

タワーに上がっているアンテナの交換だ。

交換前のアンテナは一般的なトラップ式短縮ダイポールでレガシーバンドとWARCバンドの2本。
大きなビームアンテナにしたい気持ちはあるが台風被害の経験から大きなアンテナを上げて怖い思いをするのも嫌だしとおっしゃいます。

そこで同じDPでも巻き尺式にしたら多少は変わるやろうかとご相談をいただきました。

これ、簡単に答えられる質問やないですけど・・・
今まで巻き尺式アンテナを施工させていただいたお客様からも同様の質問を受けるのですが、例えば3エレトライバンダーから3エレのVERSA Beamに替えたらよく飛ぶか!?
もちろんそれだけではなく使えるバンドの事や使用できる帯域などの事やらでVERSA Beamを選ぶことになるんですが、肝心の性能が交換前より悪くなってはいけません。
でもブームの長さやエレメント長は大きく変わるものではない。
これってご相談を受ける時に必ずってほど話題になるんですよね。
あえて飛ばないアンテナに交換するって方は居ないでしょうし少しでも遠くへ飛ばしたいからお金を払ってアンテナを交換するわけです。
今までの経験上でのお話をするんですが、サイズ的には似たアンテナなので数値上の利得はほぼ同等。
トライバンダーや今回の施主様が使っていたトラップ式DPはその名の通りトラップコイルで短縮されている。
このトラップがロスを生じるので「あかん」と力説する方もいらっしゃるくらいだ。
VERSA Beamは機種にもよるがハイバンドはたいていフルサイズ動作。
短縮したバンドはセンターローディングです。                 (KA1-DPは7/10MHzが短縮です。)
違いとしてはココです。
この違いが実践でどれだけの差になるかは数値ででるものでないから説明しにくい。
でもフルサイズが良く飛ぶっていうのはみなさんなんとなくでもわかっているし実感してる方も多いはず。
たかがダイポールでもフルサイズはちょっと違うんですね!
その差はSメーターを見て差が出るほどわかるものじゃないかもしれないけどそこを追求するのがこの趣味の世界。
みんなが良いというものは試してみたくなる。
私もアドバイスとして過去の経験や施工させていただいたお客様のお話の中から・・・
いまより悪くなることは無い!
悪くても現状と同等。
それ以上を期待できるがそれは実際にやってみて自分で感じていただかないと説明のしようが無いとしか言えないのが実際です。
可能性は十分にあるのでチャレンジする価値はあるでしょう!!
あとはお客様が決めてください。
あかんとわかってるものはお勧めしませんし施工しません。
私もハムです、気持ちは十分わかってますのでやらせていただけるのならベストを尽くします。
お客様がチャレンジするかしないかを決断してください! と、そそのかすだけそそのかしといて・・・(笑)

まぁ、そんなお話をしたかどうだかですが今回はHF帯は巻き尺式ダイポール 工人舎 KA1-DP 1本にして開局当時から思い入れのある50MHzは以前にも上げていたビームにしようNAGARA/A56T3を選択することになった。

15mの自立タワーだがマストトップでは18mくらいあるかな!?
60Φのマストが入ってるから不安なくトップまで行けるがさすがに何往復もするのはご勘弁。

旧アンテナを撤去し新設するアンテナを付ける段取りと同軸接続の下準備で1往復。

ちょっと水分補給してもう一度トップまで。
下で組み立てたアンテナをロープで引き上げて付けていく。
KA1-DP、A56T3の順に引き上げてマストに固定。
真ん中に付いている小さなビームは144/430のデュアルバンドビームで既存のものを残した。
同軸は撤去したアンテナのものに接続しKA1-DPのコントロールケーブルを新しく敷設。

朝イチ自宅を出る時は小雨が降っていたが施主様宅に到着時には止んでいた。
昼前くらいには雲も晴れ強い日が差し急に暑くなってきた。
この時期の紫外線は意外ときつくまして雨上がりだし・・・

マスト上の処理が終わった状態でKA1-DPの動作と6mのSWRを確認してもらう。
タワー上から特定小電力で指示してやってもらう。
(ウチの工事作業は「業務」なんでアマ機使っちゃ電波法違反だし特小使ってます。)
KA1-DPの動作確認は店でもやっているがケーブルをつないで施工ミスが無いかの確認も含めてケーブルを完全に固定する前にもう一度。

OKが出たので新設したコントロールケーブルを既存のケーブルなどにまとめて固定しながら2往復目の復路。

計画通り2往復で事故なく無事に施工完了です。(^^"

DSC00056.jpg

IMG_3121.jpeg

DSC00057.jpg

190898.JPG

施主様、思っていただいたようなアンテナになりましたでしょうか!?

交換前も同じような長さのダイポールでしたしビックリするくらい良く聞こえ良く飛ぶなんてことは無いでしょうけど必ず値打ちを感じていただけるものだと思っております。

コンディションもボチボチですが上向きです。
6mはハイシーズン真っ只中です。

HFも6mも施主様のロケーションならじゅうぶん楽しんでいただけるはずです。

ぜひアクティブに運用なされてください。

この度は前回に続きご用命ありがとうございました。

施工中のお気遣いにも感謝いたします。

どうもありがとうございました。

毎度ごめんなさい。

6日(日曜日)

アンテナ工事のため店舗営業はお休みさせていただきます。

店舗をご利用いただくお客様にはご迷惑をおかけしますがご勘弁くださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

AZDEN AZR-550FZ  中古品入荷!

AZR-550FZ_PHOTO_01_BC_350900X6.jpg

         HF=500W  6m=400W

お手頃なリニアアンプが入荷しました。

190897-3.JPG

前使用者の不注意で壊れていたんですがメーカー修理で完治しております。

メーカーから返ってきたとこなので安心して使っていただけると思います。

気になる方は店頭でご確認ください。

店頭渡しでしたら目の前でパワーチェックしてお渡しできますのでね!!

人気機種ですからお早めに!!!

6/9 商談中!!

完売御礼  ありがとうございました。

中古品入荷情報です。

ICOMの200Wモデル IC-7700が入荷しました!

190893-5.JPG

ファーム最新・動作確認済み!

FT8などデジタルモード運用にうれしいインターフェイスケーブルが付属します。

元箱・取説など基本的なものはそろっています。

気になる方はお早めにお問い合わせくださいね!

もちろん店頭で現物を見ていただけますので!!!

中古品が入荷しました!

190987.JPG

FT-991Aは100Wタイプです。

現行品ですしHFから430MHzまで運用できてさらにC4FMもできる人気機種です。

190986.JPG

IC-7600はIC-7610の前に発売された機種。
100モデルでIC-7800やIC-7700と同じDSPを採用したハイスペックマシンです。

格安でハイスペック機を入手するならこの機種じゃないかな!?

どちらの機種もUSBケーブルだけでPC接続できますしFT8運用も可能です。

気になる方はぜひ店頭でお確かめくださいませ!!

 

追記

IC-7600、実は2台あったんですが1台はお買い上げいただきました。

FT-991AもIC-7600も100Wモデルです。

気になる方はお早めに~

 

IC-7600 完売御礼!

またまた200wリニアアンプが入りました。

190875-31.jpg

前回逃がした方はお急ぎくださいね!

今回のも程度良好でパワーはしっかり200w出てます。

下の写真は7MHz・10Wドライブでの出力の様子です。

IMG_20210507_125016.png

この状態で170~180Wくらいが確認できます。

ぜひ店頭でご確認くださいませ!

完売御礼!

ありがとうございました。

AZDEN 1KW リニアアンプ

       AZR-1000が遂に発売されます!

AZR-1000_pc.jpg

ご予約、お買い求めは

       ぜひ当店までご相談くださいませ。


AZR-1000 販売価格=¥470,250(税込)

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

アーカイブ

月別 アーカイブ